2020/6

聖堂内部へ進む ファンタスティックな世界

かああぬ聖ペテロでマリア様の美しさに感動して時間を忘れましたがまだまだ広い大聖堂の見学に戻ります。
サンピエトロ大聖堂は十字架の形をしたカテドラルなんですよ。なんだか、よく分からない写真でしょ?この時、一日中歩いて動いたので足がパンパンで疲れてしまった。そして肝心のこの場所が自由見学。ここが1番ガイドさんにいて欲しかったです😵
すごい!パルダッキーノ(大天蓋)です。ベルニーニの作品で、柱が螺旋状になっているのは、旧サンピエトロ大聖堂で柱が螺旋状になっていたのをベルニーニは踏襲したのです。奥にある金ピカはベルニーニが1666年に制作した聖ペトロの司教座です。ブロンズが120tが使われています。司教座の上の円形部分聖霊の象徴である鳩とそれを取り囲むように天使達がいます。
そして有名なクーポラ。この大聖堂ののシンボルとも言えるものです。直径42.56mと大きなクーポラです。ミケランジェロの設計ですよ。
均等に16分割された窓が素敵です。ここに登れるんだけど今日は無理。もう階段はヘトヘトだった。
クーポラの下にあるのは聖ペテロのお墓です。ペテロさんがどんな人なのかというとキリストの一番弟子です。元々は漁師をしていたのですがイエスにスカウトされ弟子になりました。「イエスは神の子」とか言ったからイエスから1番可愛がられた人です。初代のローマ教皇でありキリストから天国の鍵を与えられた人物です。彼はカトリックではペトロ、プロテスタントではペテロと表記するんですよ。ちなみに2番弟子はヨハネ。この下にそのペテロのお墓があるとされ、1番神聖な場所とされています。
これはレオ1世の祭壇です。ローマ教皇レオ1世はフン族の王であるアッティラのローマ進攻を食い止め侵略の危機からカトリック教徒を救った人と言われています。
教皇アレクサンデル7世の墓碑です。彼はベルニーニのパトロンでこの墓碑もベルニーニ作品です。真ん中に突き刺さっているのは砂時計ですね。ベルニーニは時の流れの中で誰も死は避けられないと表したのです。
ピウス8世の墓碑です。彼は19世紀の教皇で比較的新しい物ですね。この下が宝物館の入り口です。
あー、たくさんありすぎて見て回るの大変‼️












#ベルニーニ #ミケランジェロ #傑作 #1人旅 #女子旅 #聖ペトロ #墓碑 #海外旅行 #3月 #春 #世界遺産 #現地ツアー参加 #観光 #サンピエトロ大聖堂 #バシリカ #カトリック #ヨーロッパ #バチカン市国 #ローマ #イタリア

#旅日記

0 Comments >

2 Like

サンピエトロ大聖堂 ピエタに感動

私の現地ツアーはこのシスティーナ礼拝堂で終了です。自由解散となりますので好きなだけバチカンにいてもいいのですが、さすがに足がパンパンでキツイわぁ。でもサンピエトロ大聖堂には行かなくちゃ‼️
バチカンの中で1番有名な建物であり世界最大の教会建築です。現在の建物は2代目で1626年に完成しました。総面積は49,737㎡。ローマ教皇にふさわしいバシリカです。目の前には直径200mのサンピエトロ広場があります。
キリストの1番弟子と言われる聖ペトロのお墓がここにあったと言うことでここに教会を建て、彼の名前のイタリア語読みであるピエトロが付けられたそうです。

スタンダール症候群なご存知でしょうか?ローマを訪れる観光客がかかる病気で、たくさんの遺跡や芸術作品をあれも見なきゃ!これも見なきゃという強迫観念に襲われ頭痛や吐き気といった症状に悩まされるそうです。まさに私がそうだったかもしれない。頭痛や吐き気は大丈夫だったけど身体が疲れ果ててものすごい倦怠感。時差ボケもあり体調が万全じゃないのに、ローマの街を走り回り興奮してサンピエトロ大聖堂に来たあたりで力が抜けてしまった。それでも力を振り絞って見学したのでもう少しお付き合い下さいませ😃

この大聖堂の建築にはたくさんの建築家が携わっていますが、現在のこの建物のほとんどを設計したのはミケランジェロです。71歳から17年間をかけて設計を書き上げ、その跡を継いで内装を仕上げたのがベルニーニです。ベルニーニはローマに生まれローマはベルニーニのために創られたと言われるイタリアの大巨匠です。

コンクラーヴェって知っている方も多いと思いますが、ローマ教皇の選出選挙です。コンクラーヴェが行われるのはシスティーナ礼拝堂なんですが、教皇選出決定の場合は白い煙、未決定の時は黒い煙で結果を民衆に伝えていますが、分かりにくいとの声が上がり。選出決定の時は白い煙の直後にこのサンピエトロ大聖堂の鐘を鳴らすんですよ。

大聖堂の見学に行きます。ここでご注意を。この神聖な場所は短パンやタンクトップなど肌の露出が多いと見学できません。また、帽子も必ず脱いで見学しましょう。入場料は無料です。ただし手荷物検査があるので長蛇の列が出来ちゃいます。

まずは1枚目の写真です。大聖堂のファザードですよ。上部に高さ6mにもなるペテロを除く11人の使徒の像が立っています。
2枚目の写真は聖堂の中に入る扉です。この大きな扉は全部で5枚あります。左から「死の扉」「善と悪の扉」「中央の扉」「秘蹟の間」「聖年の扉」です。聖年の扉は25年に1度しか開きません。次にこの扉が開くのは2025年だそうですよ。写真は秘蹟の扉です。聖ペトロが暴君ネロに処刑される時にキリストと同じ十字架に磔にされるのは恐れ多いので逆十字に掛けられて処刑される場面が描かれています。人が多くて下の写真は撮れなかった😅
ミケランジェロ作 ピエタという作品です。ピエタとはイタリア語で哀れみとか慈悲という意味です。彫刻でピエタと言うと磔から降ろされたキリストを膝の上に抱いて悲しむマリアを指します。ミケランジェロはこの作品を20代の時に製作。これが彼のデビュー作でルネサンス彫刻の傑作です。磔にされたキリストは30代なので随分若いマリアですが、ミケランジェロはマリアの不滅の純血を表したと答えたそうです。
このピエタは防弾ガラスの向こうにあります。1972年に精神異常者が自分はキリストだと言い、ハンマーでマリオの顔の一部を壊したんです。それで防弾ガラスを挟んでの対面となってるんです。しかし、マリア綺麗!キリストと比べてマリア像がとても大きいのが分かりますか?まるでキリストが幼児のように見えて、余計に子供を亡くした母の悲しみが伝わる気がします。








#思い出 #聖母マリア #1人旅 #女子旅 #旅日記 #海外旅行 #ルネサンスの傑作 #彫刻 #ピエタ #感動 #コンクラーヴェ #扉 #ミケランジェロ #カトリック #バシリカ #ヨーロッパ #世界遺産 #サンピエトロ大聖堂 #バチカン市国 #ローマ #イタリア

0 Comments >

1 Like

番外編 PCR検査体験したよ😱

皆様、いかがお過ごしでしょうか?
今回は番外編‼️旅行日記ばかり書いてる私の別の日記をお伝えします。
新型コロナウイルスの影響で、旅行にも行けない、彼とも会えない、彼は仕事出来なくて超ブルー、仕事めちゃくちゃ忙しい、とストレスが溜まりまくっているんです。
私の職場は基本、お交代で在宅勤務がありました。でも、私の部署はコロナウイルスの影響もあり激務で、管理職は交代勤務なしになりました。毎日、夜の10時、11時まで残業となりマスクしながらビニールカーテンしながらのお仕事に頑張っていました。
あれ?喉が痛いかな?
と気付いたのが朝、起きた時。体温を測っても平熱。仕事も忙しいので、出勤しました。
いいのかな?喉の痛みって風邪症状だよね?
うちの職場、風邪症状があった場合は出勤停止となります。
すぐ良くなるかな?
発熱はないけど、喉の痛みが収まらない。
まずいなぁ😱😱😱
とりあえず、上司に報告してその日は残業せずに定時で帰りました。

翌日、上司に電話連絡、発熱はありませんが喉の痛みはまだあります。
とりあえず、今日は休んで医者に行け!
ええ〜!病院に行く方がヤバくない?
と言ってはみたものの、とりあえずホームドクターの近所の内科クリニックへ行きました。
そこのお医者はマスクだけ。防護服やフェイスシールドをしていなかったのに驚いたわ。
たぶん!扁桃腺炎だね。でもね、うちじゃコロナじゃないって証明する検査は出来ないんだよ。
100%コロナじゃないって言うには検査を受けるしかない。との事。
それをそのまま上司に言うと、検査を受けて来いとの事。
熱、ないですよ?必要ですか?
検査しないと風邪症状が完全に取れるまで出勤させられない。

それで次の日行ったわよ。PCR 検査ができる病院に!
駐車場に行く前にスタッフの人が立ってて、発熱外来の場合の受付方法を教えてくれた。密を避けるためかオープンな待合室です。暑い😵これから暑さ対策が課題ね。受付で喉が痛くて、今朝からたんが出ると言うとCT検査まで受けることになった。
これ、地震には耐えられるのかな?なんて考えていたらすぐに呼ばれてCT検査。その後にPCR 検査がありました。
先生との話はラップトップが1台あって、テレビ電話。結果は翌日、陽性の場合は連絡します。陰性の場合は連絡しませんとの事。CT 検査の画像で肺がとても綺麗だったので陰性の可能性が高いと思いますよと言われたわ。

翌日、待ってたけど連絡なし。喉の痛みとたんはなかなか治らなくて、かったるい思いをしたけど、私のPCR 検査体験記でした。
知り合いに、知ってる人でコロナの検査受けた人はじめてー‼️って言われたので、この体験を書いてみようと思いました。私はラッキーな事に検査をちゃんとしてもらえた。熱ないのに、発熱外来とか行った。

3日間という突然の休みをもらったけど、どこにも行くことは出来ないし、実家に帰るわけにもいかなくて、バタバタした3日間でした。
ほんと、皆さまも気をつけてくださいね。




#皆さまも注意してね #季節の変わり目 #やっぱりただの風邪 #陰性 #初体験 #体験記 #鼻の穴にスティック入れてグリグリ #PCR検査 #出勤停止 #風邪ひいた #番外編

0 Comments >

1 Like

ミケランジェロの傑作  システィーナ礼拝堂

ラファエロの間を通り過ぎると
次に向かうのはシスティーナ礼拝堂です。凄い!全員が最後はシスティーナ礼拝堂なのね。

システィーナ礼拝堂 
ローマ教皇の公邸であるバチカン宮殿にある礼拝堂です。ミケランジェロを始めとしたルネサンス最盛期の芸術家達が内装を手掛けた世界的に有名なチャペルなんです。、特にユリウス2世がミケランジェロに発注して描かせた天井画。1508年から1512年までかけて描いたんですよ。肩こりとか大丈夫だったかしら。もう1つ、クレメンス7世がミケランジェロに発注し、1535年から1541年にかけて描かれた最後の審判はミケランジェロ最高傑作と言われています。でもね、撮影禁止なの。黒いスーツを着たスタッフがたくさんいて写真を撮る人を見つけると撮影禁止です!って注意しまくっています。たまに、日本人の方のブログなんかでも写真を見るけど。ルール違反。日本人の恥と言われたくないし私は自分の目に焼き付けました。
このシスティーナ礼拝堂内のフレスコ画は1980年から1999年にかけて修復されています。その修復に日本テレビがスポンサーとなり、修復の詳細を、記録しています。そのせいか、スタッフは日本人に親切だと聞きますが、私の時は普通だったわ

写真撮影禁止なので画像をお借りしました。これがミケランジェロの最後の審判です。綺麗でしょ?これを見たら圧倒されます。この作品は個人が描いた物としては世界最大の作品です。最後の審判は地球が滅亡する時に生き残る人、生き残らない人を分けることだと思っていたんですが、どうやら全員が死ぬようです。そして、全ての魂が審判を受け、天国と地獄に行くんです。中央にキリストと聖母マリアそしてキリストから見て右が天国行き、左が地獄に落ちる者達。そしてミケランジェロは最後の審判は身1つで受けるべき!という考えから最初、全員を全裸で描きました。カトリックのね、それもバチカンのチャペルにね😆弟子の1人が後から最小限の布を書き足したという逸話があります。
こちらもお借りした映像です。これがシスティーナ礼拝堂の天井画です。この中で最も有名なのが
アダムの創造。天地創造はミケランジェロが旧約聖書の創世記に基づいて描いた物です。この世界と人間は神によって創られた物だが、人間が堕落してしまったので神の救済が必要だって教義です。
ミケランジェロは自称、彫刻家です。それでもこの絵画、それに建築家の一面もある天才です。システィーナ礼拝堂の外周には椅子が設置されています。ここに来るまで全員がものすごく歩いているので、いつも椅子はいっぱいで席取り合戦のようです。私もたくさん歩いたのですでに足がパンパンです。ひっそりと端っこからミケランジェロの傑作をボーッと眺めていました。

#感動した #3月 #春 #旅日記 #1人旅 #女子旅 #ヨーロッパ #海外旅行 #私の夢の場所 #観光 #現地ツアー参加 #ミケランジェロ #世界遺産 #チャペル #バチカン博物館 #システィーナ礼拝堂 #バチカン市国 #イタリア #ローマ

0 Comments >

0 Like

ラファエロの間  バチカンで有名な作品

バチカン博物館の話がまだ続きます。
燭台の間を通って、小さい階段を上って2階に進みます。
タペストリーのギャラリーを通り抜けます。こちらの作品は大きなタペストリーですよ。細かいです。
こちらは東方三博士の礼拝です。

タペストリーの間を抜けて、地図の間から出るとこの先にラファエロの間があります。上の写真は地図の間の出口の扉の上にあるバチカンの紋章とレリーフですよ。
次はインマコラータの間です。インマコラータは無原罪の御宿り、聖母マリアの処女懐胎をモチーフにしています。
そして、いよいよラファエロの間に入っていきます。教皇ユリウス2世はラファエロに自分の部屋の壁にフレスコ画を書かせました。これが現在のラファエロの間です。
これは署名の間の聖体の論議という作品です。
天界に存在する真理について議論する聖職者達と雲の上には聖人や預言者、中央には聖母マリアと、彼の弟である聖ヨハネに付き添われるキリストがいます。キリストの足下には聖霊を象徴する鳩がいますね〜👍
これが超有名作品‼️アテナの学堂ですよ。
この作品は署名の間にあります。この場所が元々教皇の書斎で、様々な書類に署名をする場所だったからと言われています。
私のチケットの絵はこれだったんだ!
この作品はルネサンス期に活躍していた人達がモデルになっていると言われてるんです。ただラファエロは、はっきり誰を書いたと言ってないので諸説あるようです。
まずは中央の2人、ピンクの服の人物はダ・ヴィンチです。そして中央の下、階段の脇に頬杖をついて石工の服を着ている人物がミケランジェロ。

私が大好きなラファエロの作品にドイツのドレスデンで見たシスティーナの聖母がありました。下の方に超有名な天使が描かれているやつです。興味があったらいつか見てください。とても可愛い作品ですよ。ラファエロは私の大好きな画家の1人で、このバチカンで彼の作品を見るのが夢だった。ツアーだったので時間が限られていたのが残念。


天井画も素晴らしいです。これはアダムとイヴの逸話が描かれています。なんだか、よく分からないけどとても素敵な作品でした。






#旅日記 #カトリック #1人旅 #女子旅 #海外旅行 #芸術 #世界遺産 #超有名作品 #ラファエロの間 #バチカン博物館 #バチカン #ヨーロッパ #ローマ #イタリア

0 Comments >

2 Like

Scroll
to Top