享受日光浴

天气总无常

子供に適した子供部屋には、少なくとも3つのエリアが必要です。分かりますか?

子供部屋は、家族の中で最もありそうもないスペースです。可動式のワンステップカスタム家具を早めに選ぶと、お子様の成長、お子様のニーズ、身長の変化に伴い、保護者は未使用の家具や収納スペースなど、お子様の部屋ではないスペースに直面する可能性がありますが、お子様のジレンマになります。部屋。次のスカンビアでは、子供部屋の家具を選ぶという新しいアイデアを紹介し、新しい視点を提供したいと思っています〜卷裝床褥墊

子供に適した子供部屋には、少なくとも3つのエリア、つまり休憩エリア、総合学習エリア、保管エリアが必要です。

まず、休憩所。

子供がまだ乳児期にあるときは、子供ができるだけ早くベッドと部屋を両親と分離するための良い基盤を築くために、子供用に別のベビーベッドを用意することをお勧めします。子供と親は良い睡眠の質を持っています。

子供が一人でシングルベッドで寝ることができるとき、彼らは彼らに合った無垢材の子供用ベッドを選ぶことができます。子供たちが遊んだり活動したりするためのスペースを増やす必要があるため、選択のポイントは小さくてスケーラブルです。

遊びと学習の包括的ゾーン;

子供が若いときは、子供部屋にこのような包括的な学習エリアを設置する必要があります。

この設定は、表示および評価できる子供向けの作品のニーズを満たすだけでなく、子供用の独立した遊び場も設定します。彼らのおもちゃや作品はここに置くことができます、あるいは彼らはそのような地域から分類して分類する子供たちの習慣を訓練し始めることができます。

子供が思春期にあるとき、遊びと学習の包括的な領域にいくつかの調整を加えることができます:表示領域と研究領域の領域を増やします。調査結果は、7〜18歳の子供たちの研究と宿題が彼らの最も重要なプロジェクトであり、展示エリアの面積を増やすことが非常に重要であることを示しています。ここでは、彼らの業績を示すだけでなく、さまざまな報酬と罰のメカニズムを確立することができ、それに計画を投稿することもできます卡通兒童床

可変ストレージエリア。

子供部屋の装飾、子供部屋の面積が限られている場合は、収納スペースを重ねるプランを選択できます。

たとえば、キャビネットは上から作成できますが、キャビネットに穴が開いている場合があります。ハンガーの高さは、お子様の身長や身長に合わせて調節でき、固定せず、キャビネットの底におもちゃを収納し、お子様があまり使わないものは高いところに収納します。貯蔵習慣は、高さを変えることで層ごとに発達させることができます。

精選文章:

如何選擇兒童床?你知道這四種最實用的方法嗎?

怎樣選擇兒童家具?什么是兒童最需要的家具呢?

兒童房如何裝修最合適?

0 Comments >

0 Like

Scroll
to Top