2016/6

シンガポールの危機😱


やっぱり忘れないうちに旅ブログ

そう、
これはシンガポールに行く始まりのとき。
羽田。

この時はよかったのです。
ちょっと仕事のことが気になりながらも、
ハッピー真っ只中。


しかし、ここで!
ものすごいことを告げられた!! 
わたしの旅、今までほとんどやらかしたことないのに!
なんと!
パ◯ポートのざんぞん期間が、
(検索防止のため伏字とひらがなで)
シンガポール入国に足りてない。
しかも2人とも。。

シンガポールって世界一長いんだってね、、
6か月+滞在日数が残ってないと入れない。

私たちは2人ともあと5か月しかなくて、

「シンガポールはとても厳しいので、今回このパ◯ポートではご搭乗はいただけません。」

ってハッキリ言われたよね。

え?うっそでしょ!!!
The end?
血の気引き気味、、

✔︎私がそのとき1番に思っていたこと
     ⇨いったいいくらの損なんだー!
✔︎だんなさんが思っていたこと
     ⇨今晩は日本でお寿司かな、、
 
ウヤらやましいというかなんというか。
どっちにしろチーンだけど。。

今回マイル搭乗じゃないからずらせないし、
ホテルはキャンセル期間すぎてる気がするし、
あ〜マジでどうしよう!!

「一応どうにかならないか確認してみます。
今回ツアーか何かでチケットお取りですか?」

違います!JAL直です!すごいJALっ子です! ステイタスはクリスタルです!怪しいものではありません!!
(↑とは言ってない)

そしてどこかにいるお偉いさんに電話。
そしたらたまたますぐ近くにいて来てくれて

「シンガポールは大変厳しい国で、ルールなので本来はご搭乗いただけないのですが、今回は5ヶ月残っていますし、少し入国でお時間かかるかもしれませんが、日本人は入国できずに強制送還されたとは聞いたことがないので、今回はこのままご搭乗ください。」


ネ申降臨!!
スタッフと偉い人ってそんなに違うのか!?
ああよかった。ほんとびっくりしすぎた。

いや、スタッフの方も、
「私もいまホッといたしました、、」
と。。ごめんよ。。
そりゃあここまで来たお客様に、
「あなたは乗れません」 って言わなくちゃいけないのもだいぶストレスだよね
そしてまだ、このケースに出会ったことなかったんだろうね。

安心して両替。無事出国。
あれなんだね、出国のところでは、
そういう審査はしないんだね。
あくまでも搭乗させるかどうかは飛行機会社の判断なのね。

そして定番のJALカレーライス。
だがしかし!!ここでまた試練。
不安だからさ、、検索しちゃったのよ。
ランチ食べ逃して、朝から何もたべてなかったからさ、
カレーは二杯食べたの。
でも食べながらね、いろいろ検索。

そしたらさ、知恵袋的なところにたくさん質問があって、回答としては、
「国のルールです。シンガポールは厳しいので、入国できるかどうかは審査官によりけりですが、そんなことに期待せず、あなたが悪いのですから渡航をあきらめましょう」
って回答が大半。そして諦めた人が大半。

さすがに私たちみたいに空港のカウンターまで
気づかない人の話は見つけられず、、

不安になって、ラウンジのJAL職員の人に聞いたら、

「それは不安ですね。シンガポールは厳しいので、日本人でも入国できずにそのまま帰らされた方のお話は何回か入ってきています」

ひ、ひえーーーーーー!😱
さっきの人と回答が違うとるとょ〜!
そんでまた調べたら、タイ人とかは帰されてる人たちのブログもチラホラ。。

ひとまず、帰りの航空券を紙で持ってなかったのだけれど(チケットレスなので)、
移民が多いためのルールだから、
きちんと3日後のチケットがあることを審査官にアピールするために、
ラウンジで印刷してもらい、、

できることはここまで。

1日仕事してきたあとだから、
不安を抱えつつも、しょうがなくシャワー🚿

羽田のサクララウンジは、ドライヤーがちゃっちい。

最近私の中で流行りの地球の歩き方

なぜかいまはこれも悲しく見えるw

はー。入国できるんやろか。

飛行機乗っちゃうけどできるんやろか。

笑ってるけどできるんやろか。


とりあえず、1205発の深夜便なので、
ご飯も飲み物ももらわずに寝たのさ。
なかなか寝付けなかったけど…

嗚呼…
わたしはシンガポールに入国できるのか。



1 Comment >

9 Like

バタフライアイランドの秘密!!


よくわからないバタフライアイランドに
期待を持たされ、その後、
やっぱり見えないかも、と落とされ、
でもそんなことどうでもいいほどな景色。

空写真家なのか?
ってくらい、アホのように写真を撮りまくる

なんか本当にこの日の空は綺麗で。


窓がなければもっと綺麗なんだろうなあ
(死ぬけど)

そんなこんなしてたら、
バタフライアイランドが見えるとしたらそろそろなんですが、、
ってCAさんが言いに来てくれて、
さらに窓にへばりついてたら。

あ!!!!!!
バタフライアイランドが何か知らなくてもわかる!!
↑確実にバタフライの形してるもの発見!!!

キャーーーーー!!!

CAさんに見せたら興奮!!

なんかこれなんて雲がないから、
綺麗すぎてなんだかわからないくらいじゃない!?

そう!!島なんです!!!

しかもさ、
なんでそんなにCAさんも興奮してたか、
あとでわかった。

調べてみたら、このバタフライアイランド、
天候の上に雲の状態がかなり良くないと見えず
積乱雲が発生しやすい場所だかなんだかで、
数回以上この時間に乗ってる人でも、
一度も見えたことがない人が多くて、

「機上から見えたら幸福になる島❤︎」

って言われているらしいの!!
それがこんなにくっきり見えたんだから、
そりゃCAさんも一緒に喜んでくれるわな〜!

しかも、右側に座ってた方は、
時間が間に合わず写真撮り逃してしまったんだって。
今回は左側に見えたからラッキーでした💛


興奮も冷めやらぬまま、
またもずっと外の写真を撮っていたら、
またすごい島が出てきたの!
これなに!!!

CAさんに写真見せて、
これはなんの島ですか???って聞いたら、
機長に確認してまいります、
って、聞きに行ってくれたんだけど、

「たくさん島があるから、さっきのって言われてもわかりません」
って言われちゃいました!テヘペロ😋的な感じで戻ってこられました。

2匹の龍みたいの、、、
カメラ貸してみてもらおうかと思ったけど、
機長さん、お仕事中ですからあかんですね。
諦めました!

でもこんなにデカく見えたのこのあたりでこれだけだったから、
あとで地図でわかるに違いない!
と思ったけど、簡単には探せなかった。
だって、海は広すぎて、
私が見ているものは小さすぎて、
どれだけマップを拡大してもいないのよ。

でも見つけたよ!!
ほら!これに違いない!!
パプアニューギニアの上にある、マヌス島、
という島の左端に飛び出した2匹の龍!
(ちなみに↑の下の方のがバタフライ島)

調べてみると、
日本軍の基地があって全滅したところみたい。
オーストラリアから島流しされた人も。
こうやってわたしが興奮して写真撮るような、
簡単な歴史の島じゃないみたいだけど、
歴史に触れられる1つのいい経験でした!

あ、写真の中で青く光っているのは、
珊瑚礁です💙




4 Comments >

11 Like

JALファースト✈️シドニー⇨成田


(えー、まだオーストラリアのことです)

さて朝5時。。静かにチェックアウト。

呼んでもらっていたタクシーが遅れてきた。
(ってゆうか呼び忘れてて急遽呼んだような)
そんでこの運転手がさー!
どう考えても眠そうで、むしろたまに寝てるんじゃないか?って感じで、 
もうヒヤヒヤもの!!
いつもは話しかけられるの嫌なのに、
一生懸命話しかけちゃったよ
無事ついてよかった!感涙😭

空港着いてもまだ暗い。

出国審査して、ラウンジに着いた頃に、

太陽だいぶあがってきてた!

そんな朝焼けの中、朝ごはん。
エッグベネディクトにストロベリーパンケーキ

全部無料😳🍓

最後にサングラス買うか悩んで買わず、
ノーお買い物で搭乗。
必ず乗る前のここで撮るんだけど、
けっこう恥ずかしい(&お邪魔、、)

あー、ファーストほんと最高。
またマイル貯めてんだ!

またもがらんどうだけど、
貸切ではなかったよ。
真ん中4つあき。窓際4つうまり。

さて、一息。
最近は帰りの便はだいたいブログ書いたり、
外の写真を撮ったり、たまに映画を見たり。

さて飛び立ちました✈️

ほどなくして前菜

あまりお腹が空いてないので、
和食のコースから小皿のみをオーダー。

あー外はすっかり雲のうえ。

日本酒いただきつつ小皿食べて、

さらにアラカルトから、ブリの漬け丼を!

うん、まあまあ!
ちょっと漬け汁にみりんとお酒が多めだったかなー

さっきエッグベネディクト食べたのに、
デザートも食べる


そして外の写真を撮っていたら、
CAさんが、

「本日はバタフライアイランドが見えるかもしれないとのことです!近くなったらおしらせしますね!」

って言いに来てくれて、よく知らないからw
「えーそうなんですねー!うれしー!」
とか言いつつ、ワクワクしてたんだけど、
待てど暮らせど来なくて、
なんだ忘れちゃったのかな、と思っていたら、
離陸して2時間半くらいだった頃に、

「あと4〜50分なんですが、やはり雲が多めなので見れないかもしれないとの機長からの連絡でございます」

そうか〜。
オーストラリアのすぐ近くだと思ってたから、
離陸したらすぐ見える島だと、
かって思ってたんだけど、
そんなに遠いのか!

ってゆうか、バタフライアイランドってなに?
笑笑笑

今回は、機内インターネット繋いでないから
調べられないのです。
CAさんにちゃんと聞かなくちゃ!
と思っていたころに、、、

すごいことが起こったのです

つづく



0 Comments >

7 Like

シドニーラストナイト🌟


マンリーからお部屋に戻って、
パッキングを始めるよー!
なんせ、朝5時には出発しなきゃなんだよ!

お部屋にフルーツとアイスティーをとって、
優雅にパッキングを始めることにしたよ

ストローの位置って、
あとでみるとだいぶ難しい!
↑おでこにハエが止まってるみたいだし
↓こっちは鼻に刺さってるみたいだし

ベランダからベッドに移動し、
食べながらパッキング開始〜

終了したのは1時間後。
そこから最後の目的地。本屋さんへ!!
まずは紀伊国屋にきたんだけど、
日本の雑誌はすっごくいっぱいあるのに、
日本の漫画ざっともいっぱいあるのに
外国の雑誌はないよ。
本屋さんではmagazineは扱ってないところが多いって見てきたけど、ホントなんだね!
しかし紀伊国屋なら日本の雑誌ごあるから
海外のものも、、と思ったのに。

なのでもう1つ。
DYMOCKS。
もう絶対書籍しかない感じだよね。。
文具はあるけどマガジンはない!!

じゃあどこに行ったら雑誌は買えるんじゃーい!
ってことで店員さんに聞いたら、
親切に教えてくだすって〜

Queen Victoria Buildingの地下にある、
THE LUCKY CHARMというお店にあるけど、
もう閉まってるかも!? 

ってことで、急ぎ足急ぎ足ー!
そして!!
滑り込みセーフ!!
こんなお店。
買えた。少ししか売ってないけど、
少しは買えたよ。
オーストラリアで雑誌を買いたい人はお気をつけて…。

そしてホテルの近くまで戻ってきて、
最後の晩餐!タイ料理!!
Sailors thaiというオシャレタイ料理。
いくつも賞を取ってるらしい(今知った)けど
ガイドブックには出てなかったよ。

今回もここまで無事にありがとう!
カンペーイ!!

1つの長テーブルをみんなで共有するスタイル

イエローカレーに

パッタイ

それにガパオ!
もーね。メーーーッチャ辛いの。これ。
ご飯食べながらヒーハーだけど、
辛いの好きだからハート付きヒーハー💛

隣の人も悶絶してた!
これは本当美味しくて、辛いの好きな人にはオススメー!

さて、最後の睡眠(3時半起き)でふ。



0 Comments >

8 Like

I create hotdog!🌭


シンガポールでオーストラリアのブログを書く不思議🙄

マンリーの街を歩いていたら見つけた教会。
小さな教会だけど入ってみたらすんごい可愛かった!



特にランチを決めてなくてフーラフラ。
そしたら惹かれる文字。

ホットドッグ!!好き!!
パンはおかずパンが好きなの。

わたしはCREATE YOUR OWN、のメニューで
好きな組み合わせを選んだよ

できたのはこれ!ソフトパンにフランクフルトにピクルスにチェダーチーズ


これ、すごくない?
Rikalohaひらめいたの図、なんだって!
すごい!電球の位置!!

さてお腹もいっぱいになったから、
早々にシドニーに帰るんば!

帰りの船の前の人は髪短かった。プププ!

また18分の船旅。

オペラハウスの裏側!


これは海上からじゃないとこんな風に見えなそうで、得した気分!!



0 Comments >

7 Like

Scroll
to Top