066.ウザ








「まぢうざすぎんだけど!
あたしが表紙ってきーて
あせったんぢャなーい?

まぁ今更はじめても
無駄だと思うけどっ笑」



表紙…?
今、確かにそう聞こえた。

いやいやそれ以前に
この特徴のある声は……


…じゅな!



ってことは
最初にウザいっつったのはまぁか?



―まぁは、じゅなの金魚のふん。
大体いつも一緒に行動している。

一緒に、っていうか
後をついていってるって感じ。

(そうゆう所がまじでダサいと思う。
まぁにはお似合いって感じだけど笑)



っっつーか、
はぁ???だよ。


あたしじゅなが表紙とか
今日知ったんですけど!



あたしはイライラしながら
そのまま音をたてないよう
トイレの扉に耳をあてて
外の会話に集中した。




「―で?
ランキングとか入ってんの?」



まぁが言った。



「あいつさ~
あたしんとこ
わざわざコメントしてきて
ちゃっかり宣伝してやんのー

で、アクセスのびてた💨」


「えー!
じゅな超利用されてるじゃん!
ほんっとあいつ腹黒いよねー!」



…っっっ
それはお前だろ!まぁ!

2 Comments >

16 Like

Scroll
to Top