バルセロナ最後のランチでまた美味しいがこぼれる


ラストランチは、2回目の訪問!
Les Quinze Nits(ラス キン ザニッツ)

↓一度目の訪問に詳細を書いています

最後に外れるのも嫌だから、確実なところへ!
と、やってきました!
1杯目はカヴァ

そして、そろそろ私たちの好きなバルセロナ料理がわかってきたので、それを凝縮して注文!

イカのフリットに
パンコントマテと、ベジョータ。
はぁ、これだけでも幸せ。
美味しいベジョータを日本でも食べたい。

2杯目にサングリアを頼んで、これこれ!
前に食べたイカスミのパエリアと悩んだけれど、
ここのフィデウアも食べてみたくて!
これはコメじゃなくて麺で作られたパエリア。カタルーニャ料理の代表選手。

美味しかったよー!ペロリ。
美味しすぎたスペイン旅。ほんと全てが美味しい。
だってどのお店でも無料で出てくるオリーブごとき(とは失礼だけどわかりやすく書くと)にものすごい感動し、
ほんとどこのお店もその店の味で美味しくて、今まで食べてたオリーブはなんだったんだ!?
と思って、その後日本でいろいろ探してるけど全然出会えない!
世界って本当にすごいね。

さて、ホテルに戻って空港に行って、ドバイへ!


0 Comments >

5 Like

超素敵フォトスポット「カタルーニャ音楽堂」

バルセロナ最終日。
午後はドバイへの移動が待っておるので、朝イチで、来たかった場所カタルーニャ音楽堂へ!

ここは、コンサート以外には、ツアーに申し込まないと入れないので、事前にWEBサイトから予約。
15人くらいの組で、説明を聞きながら順番にまわります。
ここがホール!私が入った時は、ピアノの調音中だった!
とにかく、人がいなくなった瞬間に撮る!
朝イチのツアーおすすめ!前の組みがいないから♡

どこもかしこもステキ。


ステンドグラスもかわいいなあ。


そしてここ↓最も有名なフォトスポット!
ホールから一斉にこの廊下にみんなで行くから、実際はこんな感じ。
そして、みんなが撮り終わって次の部屋に行くのを見計らって!!
撮った!
このために着てきたSPELLのセットアップ!

ちなみに、私がまわったり動いたりしてる間に、こんなにシャッター押してくれてるよ。

瞬間で撮るのに、本当にうちのダンナさんはまっすぐ撮るのが上手。
ほぼ角度は直さないもん。

十分撮って満足!!


これは、インスタにポストするときに悩んだ1枚!せっかくだからブログに貼っておこう。

さて、ラストバルセロナランチ!!


0 Comments >

3 Like

すごい体験をしにスペインのジローナという街へ!

ブログの順番間違った!
カンロカ の記事よりこっちが先だった!



バルセロナ駅

本日は列車に乗って、ジローナという街まで。
すごい体験をしにいくのです。

9時45分発。バルセロナからジローナは40分ほど。

ヨーロッパの列車はほんと質が様々。ハズれると汚くてイヤだから、一等車を必ずとるんだけど、行きは二等車しかあいてなくて。
でもこの列車は全然二等車でよかった!
帰り一等とっちゃったのもったいない。。
二等車は1人2400円。一等車は5500円💦

車両と車両のあいだ。近代的な作りの列車だった!

そして着いた。ジローナ駅。


この街には、世界でナンバー1のレストランがあるのです。その予約の時間まで、ジローナの街を散策!

ざざざーっと、街の写真を。




石畳が多くて、スニーカーで来たかった。
ランチのためにサンダルで来ちゃった。




どの街でものるCity Tourのバスだけど、今回はあるの知らなくて乗れず!
調べがついてたらこれでまわったのにー!

そして不思議な路地発見。
上からバラが🌹降ってきてるの。
ものすごく素敵な薔薇の降る路地。
でもここはなんなのか?調べてもわからず。

他にも↓こんな風な装飾が街中にたくさんあって

ちょっと前までフラワーフェスティバルというのをやっていたみたいだから、その名残かな??

さて、ランチの予約時間。
タクシーでさっと行こうと思ったらなんと、タクシー全く流れてないし、
いろんなお店の人に聞いても、タクシー乗り場なんてないとさ。
世界一のレストランを予約しているのに!
焦って駅の方まで歩いて、やっと1台見つけたのでした。



0 Comments >

2 Like

世界一のレストラン「カンロカ」訪問記

ジローナの街中からタクシーに乗って、ほんの数分。たどり着いたのは、レストラン
CAN ROCA(カンロカ)

ここは、世界中のレストランのベスト50を決めるThe World's 50 Best Restaurant Awardsで、2回も1位を取っているお店。
まあわかりやすくいうと、世界一のレストラン!ってわけです!


予約困難店。みなさん半年前から予約したりするようなのに、アメックスのコンシェルジュ経由で確認したら、2週間前なのになんと予約が取れてしまった💦
びっくり。
それでこれたというわけなのです。

ディナーだと、バルセロナまで帰るのが遅くなりそうなのでランチ。
外観からステキすぎる!!!!
入り口を入っていくと長い細い道。
そこを抜けると!
グリーンと白いお花がたくさんのお庭ー!!!!!!
ソファやベンチもいたるところに。

ここでお酒を飲んだりデザートを食べたりする人も。

お庭からレストラン内部へ!

ガラス多めの設計!中庭も。
私たちのテーブル。


周りのテーブルはまだ空いてる。


コースは2種類しかなくてそのどちらかから選ぶんだけど、tasting menuに。ランチだから少ない方で、という理由。
feast menuのほうが人気のようだけど、食事時間4時間以上かかりそうだし💦

テーブルを担当してくれたのは、韓国人の女性。日本語ペラペラ!独学なんだって!!!すごい!
すべてのお料理の説明がわかるから、本当に嬉しい!!
カンロカの場合、お食事にストーリーや仕掛けがあるから、言語がわからないと楽しみがきっと半分以下になっちゃう。

ワインは料理とのベアリングでオーダー。

さて、世界一のレストランのお料理が始まります。
最初に出てきたのは地球儀の器!
ニョキッと出たアーム?には5種類のアミューズが。
それぞれのアミューズに、どの国の食材使っているかを考えて、アームをその場所に回すのです。

それから、1つは日本🇯🇵なので、そこはどんな日本の食材を使っているか?も当ててください!と。

食べてみたら、すぐわかった!
だんなさんと2人でせーの、ってしたら
夫「味噌」
私「しょうが」
あれ?wwwww

そして、答えは、味噌だった😱😱😱
味噌のクリームボール
Rikalohaの味オンチめー!笑!!!

そして、アームをそれぞれの国にまわして正解すると、地球儀がパカーンと開く!!!
海水のジェルに、イクラやキャビアが入ったようなボール。
さすがスペインの分子料理。
どれを食べていいのかわからないくらい不思議。

そして、二つめのプレゼンテーション。
カンロカを作った3兄弟の物語。
子供の頃(1人はまだ生まれてないので雲の上から見てる)のジローナのバルの思い出。
タイルの上にキッチンが運び込まれ、こちらにも5種類乗っています。
ママのカネロニ、シェリー砂肝、鱈のブランダード、オレンジボンボン、烏賊のから揚げサンド

そして3つめは、海がテーマ。
銀色の珊瑚の器と、ネットの上のヒトデ。


海の幸のクリームのヒトデ


貝のバジルソース

そして4つめはオリーブの木!
ブラックオリーブの天ぷらと、グリーンの方は何とアイス!
2つとも木にぶら下がっていて、自分でとって食べます。

5つめにキノコのブリオッシュ

ここでパンが運ばれてきた。

さてここからが、テイスティングメニューに書いてある料理の登場。
1品目は2種からチョイス
白アスパラとトリュフ

↓これはだんなさんの
りんごとフォアグラのタンブル

ワインも次々サーブされる!

エビのマリネ
サンセバスチャンの1つ星でも同じような生っぽいエビが出てきた。



は舌平目を5種類のソースで

こっちは鱈さん




イベリコ豚。ほぼ北京ダックのよう!

ここから、デザート!
これはヨーグルトとミルクのデザート。


ハバナへ旅に出かけましょう。と言って出てきた、葉巻型のアイス!

ビッグチョコレートボンボン



さらにやってきた、ボンボンカウンター

もーお腹いっぱいすぎるけど、食べないわけにはいかないよねー!こんなカウンターきちゃったら。
ちょっとだけね


最後はハーブティーをいただいて!


そしてキッチンツアーへのお誘いを受けて、世界一のレストランのキッチンへ!
さすがに写真撮れんかった!みんなピリッとしていて、ものすごい清潔で、さすがでした。

その後はちょっと店内のお散歩。
何かが浸かってるお酒みたいなものがいっぱい。

そしてミシュランが!!!
積んだらこんなにかわいいのか!!!
何十年分のミシュランの上にミシュランマン!
いやあすごい!色がちょっとずつ違ってて素敵よね。

さて夢のような時間、お腹いっぱいになりすぎた時間、
私たちの舌じゃ評価もなにもできないけれど、一流の人たちが集まっている空間であることに間違いはなかった。
スペインの田舎に、世界中の言語が飛び交う世界一のレストランがある。
その事実が素晴らしく、自分がそこに行けたことが、最高の体験でした!

0 Comments >

3 Like

バルセロナの老舗レストランで、生ハム🐖オリーブ🌱イカフライ🦑パンコントマテ🥫


バルセロナに出戻ってランチ!

人気の老舗。日本人からのマイナス評価も目立つお店。
7 Portes(セッテ ポルタス)

サングリアをデキャンタで❤️
無事バルセロナに戻ってきたよ、カンパーイ!
バルセロナのミネラルウォーターは塩分が入っているものが多いけど、このヴィッチーカタランは塩すぎず、すごく美味しかった!
15時半くらいの変な時間に来たからガラガラ。
ちなみにお店は13時〜1時の営業。

やっぱりオリーブたまらなく美味しい。スペインのオリーブは他の世界とは違うもののように美味しい!
各お店の味になっているけれど、セッテポルタスも最高!
ベジョータの生ハムに、1週間くらい前に生まれて初めて食べた、カタルーニャ料理の名物パンコントマテ。
これはセットなの。これ両方で2500円くらい。
おいしー!生ハム2皿目いきたいくらい美味しい。毎日食べたい。


そしてイカのフリット🦑
カラマレス ア ラ ロマーナ。マヨネーズとロメスコ2種のソース。これもすごく美味しい。
このお店は完璧な日本語メニューで説明まで書いてあるから、どんどん食べたくなる。。
パエリアは塩辛いなんて噂もあるけど、どうなんでしょう?食べてないから。
私としては大満足でした!



酔っ払った!
このあとピカソ美術館行って、1時間弱並んだのに、入ったら残り30分でお急ぎ鑑賞。
バルセロナは本当に券売の人が遅いっていうか親切っていうか、早くしようという気がないというか…😓


0 Comments >

4 Like

アルマナック バルセロナ ホテルは最新機能満載!


サンセバスチャン から列車でバルセロナに戻ってきてホテルへ!

今回の宿泊先は
Almnac Barcelona(アルマナック バルセロナ)
2017年11月オープン。この時はまだできて1年以内だった。



だかららシステムもかなり新しい。Don't disturbとか、部屋からの依頼は全てドア横のここに表示される。

ミニマムだけどおしゃれ。お部屋の様子をずらりと。









タブレットとAndroid携帯がついていて、携帯は持ち歩いて街に出ていいよ、と。近所のお店なんかも全部登録されていて、マップとしても使える。
Wi-Fiを借りてきてない人にはすごくいいよね。(日本語は使えないけど)

このホテルは夜に行った屋上のルーフトップバーも素敵!


見晴らしがよくて、スペインは夜明るいし、気持ちがいいところ。

チェックインのときにもらった、ルーフトップでスペシャルカクテルプレゼント、のチケットで!
タダ酒ほど嬉しいことはないw

この日は上着を着ても、ゆったりするには少し寒く…2杯目は中へ!
アペロールスプリッツ!

暗くなってきたら、サグラダファミリアがぬぼーっと浮かび上がった!!
これは望遠レンズで撮りたかったやつ〜!

場所もすごく便利なところにあるし、価格帯もほどよい感じで(そもそもバルセロナはそんなにホテルが高くないけど)、
アルマナック バルセロナ、おススメです!



0 Comments >

3 Like

バルセロナへの電車で起きた避けられない事件


朝7時。サンセバスチャン駅!
バルセロナに戻るのでする。

チケットは持っているけれど、入るのに朝から並んでる。
荷物チェックがあるのですね。

サンセバスチャン は駅が本当に可愛い。


 

サンセバスチャンは、バスク語ではDonostia(ドノスティア)

早めに着いたのに、並んでたから結構普通にギリだった。

荷物置きはだいたいどの電車でもある。もちろん盗まれないかは心配

一番に乗り込んでしまった。

うわー!一番嫌な席だ。インターネットでとると指定できない。
ヨーロッパの列車は謎のお見合い席が必ずある。
ここにはなりたくないのだが。
しかも前の席の人が、マジでグリーンマイルに出て来た主役の俳優さんみたいな大きさ。
たぶん2メートル。120キロくらい。大きな大きな黒人さん。
そしたら、オレ違う席座るわ、って別の1人席に行ってくれた
だからゆったり。新聞敷いてバッグ置き

駅で買ったご飯は美味しくなあい!笑
日本って本当に優秀だよね!!どこで何買っても美味しいもんね。
で、チョコレート食べながらバルセロナのどこでご飯食べようか模索しておったら、結局、彼が移動した席に人が来てしまって、戻ってきた。
こうよ。完全に私のスペースに彼の太い足がドカン、とある。もう足下ろせない。下ろしていいよ、とか言ってくるんだけど、下ろしたら彼の股の間に足入れることになる。
だからずっと横向き。これ、私じゃなかったらどうなってたの?
もちろん乗務員さんにも言ったんだけど、満席だからダメって。

しかも途中で警察がやってきて…
彼、職質!!パスポートから何から全部調べられてたけど、ずっとなにか警察官にいちゃもんつけられてる。
私たちまでパスポート出して、と言われて。もちろん見せてすぐ返されたけど、彼はダメ。
スペイン語でなに話してるのか全くわからないし、ここで彼が暴れたらヤバイな、と思って、となりの食堂車に念のため避難!
旦那さんは通路側にいたからすぐ逃げれるから私だけ。

そしたら、少したったら、警察官が爆笑しながら食堂車を抜けて帰っていった。すごい感じ悪いの!
警察官にいちゃもんつけられてたのかもなー、人種差別に近いのかもなー。と思って。
結局彼は捕まりもしなかったわけだし。
だからきっと彼も被害者なんだな、慣れてるだろうけど疲れただろうな、って思ったから、チョコレート食べる?って聞いたら、いらないけどありがと、つて胸に手を当てて微笑んでくれた。

だがしかしだよ。3時間くらいたったら飽きちゃったみたいで、大きな声で電話し始めて、机に手でリズムをとってうるさいし、やっぱりチョコレートちょうだいって言うしw、うざい奴になってきたww
その後30分くらいで降りたので、残りの時間はゆったりしたのでした。

やっばり、あの席はダメだ!!!
でもネットでとるとなる率高い!席指定できるツールあるんだろうか!?




0 Comments >

4 Like

全13軒のバル巡り終了!@サンセバスチャン


最後のバル巡り!⑨軒目
BAR GORRITI(バーゴリッティ)

今晩も混む前の18時半すぎから開始!
本日1杯目はもちろんチャコリ

昨日目覚めたパン乗せピンチョスと、ヒルダっぽいけどいろいろついたピンチョス
そもそもピンチョスってのはパン乗せが王道。
ピンチョスってのは刺す、みたいな意味らしく、昔はパンのピンチョスも串が刺さってたみたい。
今は刺さってないけど、これもピンチョス。

スペインバルでは、ペーパーゴミや楊枝などは下にポイってするのが普通。
でも、あまりされてなかったんだよね。今までのお店。でもこのお店はすごくポイポイされてた。
だからドキドキしながら私もポイ。人生初ポイ。

⑩軒目
Gandarias(ガンダリアス)
今回の旅2回目。再訪です!
本当はGanbaraにもう一度行きたかったんだけど、お休みの日だったので。残念。

はい!チャコリ

このお店は、お皿ちょうだーいといってもらったら、カウンターから好きなものを取ってお皿に乗せて店員さんに見せます。
すると、いくらだよん、と言われるのでその場で払うキャッシュオンデリバリー
今回は見せたところ、お皿ごと貸して(みたいなジェスチャー)何故だろう?と思って渡したら、
お皿を二つに分けて、ウニの方は温めてくれた!
なるほど!昨日のお店はウニ冷たいままだったけど、あったかい方がそりゃ美味しいよね。

ヒルダとマヨ系ピンチョスを追加!

そしてバル巡り11軒目。こちらも再訪!
ARALAR(アララー)
生ハムが本当に美味しかったとこほ、だけど、生ハムではないものを。
ちょっとずつ種類たくさん、って嬉しいよね〜
旦那さんはこのスペシャリテ。イベリコ豚焼き🐖

やっぱりパンの上に乗って出てきた!

12軒目は、高城剛さんがかなり推してるという店
GOIZ ARGI(ゴイズアルギ)

2個前のブログにも書いた、クララコンリモン。
ビールのレモンスカッシュ割みたいな感じ。

こちらのお店に入ってびっくりしたのは、先客の3組のお客さんが、全員日本人だったこと!
サンセバスチャンでほとんど日本人に出会っていないのに!!
このお店の日本人人気率すごいな〜ってか、高城剛パワーすごいなあ!
そしてこのメニュー表が、最初入った時は日本語だった!お客さんが日本人だけだから、お店の人がそうしたみたい。
で、私たちより後に入ってきた人が日本人じゃなかったので、英語に切り替わりました。
日本語のメニューのときに頼んだから、すっかり油断して、何を頼んだか忘れてしまった、。
白身のお魚の何か。
こちらはお肉。
なんせ、日本人ばかりだったなあ、という印象しか残っていない💦

13軒目は最後のバル!
Atari Gastroteka(アタリガストロテカ)
めちゃ混み〜!



やっとの思いでカウンター前をゲットし、オーダーしたのはトマトリゾット!
スクショしておいた写真を見せただけだけど!
ここの有名メニュー。やっぱりなんか最後にこういうの食べたくなる。
サンセバスチャン に、何か美味しい麺があるといいのになあ。

これにてサンセバスチャンのバル巡り、終了。
また絶対来たい!!!!!

帰ったらお部屋からこんな夕陽が!




さて、明日はまたまたバルセロナへ移動!

0 Comments >

6 Like

コンチャビーチ目の前!ホテルロンドレスへお引越し


サンセバスチャン 内でホテルのお引越し!
コンチャビーチに建っているホテル
ホテル デ ロンドレス
階段降りたらビーチ。

お部屋!シービュールーム



ちょっとしたベランダ




何と言っても景色は神!!!

さっそくビーチにお散歩へ🚶‍♀️

6月のサンセバスチャンは、「海入りたーい!」って感じじゃない。涼しめ。

買ってきた花を持って💐






お目汚し、失礼しました🙏
花があるとポーズに困らんからおすすめ🌼
海外でも、着いたら最初に花を買いたいなあ。
あ、そうだ!薄いフラワーベースを持って行っておけばいいんだ!
↓こういうやつ
買っておこう。むふふ!

ビーチの近くにはメリーゴーランド🎠
18時半ですが、まだまだお昼間感。


0 Comments >

4 Like

お日様ランランのサンセバスチャン海沿いランチ

さて今日もサンセバスチャンは食日和w

今日はね、ホテルを引っ越すのですね。
マリアクリスティーナはチェックアウトしないとなので、パッキングを済ませて荷物を預けてからランチへ!

このカゴバッグ屋さんに行きたかったのだが、行ってみたらそんなに気にいるものもなく。
途中食品やさんに入って、青とうがらしの酢漬けとか、地元の食材を買って帰りたいと思ったんだけど、まったく英語が通じず、初めてiPhoneの翻訳画面で打ち合いしながら会話した!
日本に送ってくれないか?という趣旨の話だったんだけど、そのお店からは送るのはけっこうハードルな高くて諦め!!
ホテルのショップには配送システムがあったので、そっちで買うことにしよう。

ブラブラ歩きながら、海辺へ。



マンホールがかわいい。

こんなかわいいお店もあるけるど、横目に通りすぎてお目当てのお店に!


ここ!!
LA PAMPA(ラパンパ)

ほぼオープンと同時にに入り、お外のいい席に。

メニュー多いな!と思ったら4ヶ国語で書いてあるだけだった!
英語表記があったので安心!

喉が渇いたので、キリッと冷えたサングリアをオーダー。

そしてランチ開始!まずは魚のスープ。
今回の旅で、バスクの街を回った時に食べた魚のスープが美味しすぎたから、「Fish Soup」の文字を見て即オーダー決定!

小さいのを頼んだんだけどね💦結構大きいよね。
さすがにこの前ほど濃厚じゃなかったけど、
やっぱり美味しい魚のスープ。めちゃくちゃ魚の旨味がぎゅっとしてる。
スープだけ味わえるからブイヤーベースより気軽でいい!

そしてサラダ。生野菜を体が欲していた!

そしてこれが美味しいのなんの!びっくりしたイワシの丸やき。
ガーリックたっぷり。ってかこんなに食べる!?と思うじゃない?これ見ると。
でも、なんか食べれちゃうんだよ。ガーリックと塩のシンプルな味付け。イワシはしっとり。

2杯目には、クララ・コン・リモン(カニャ・コン・リモン)。
これは、ビールをレモンスカッシュのようなレモン炭酸で割ったもの。

昼間の飲み物としていいねー!アルコール薄くなるし、さっぱりしてゴクゴク飲める。
これは普通に日本にあってもいいのになあ。

そしてこちらはイカスミ!イカスミカレーみたいなもんで、パスタじゃなくてご飯で食べる。イカもゴロゴロ入ってる柔らかくて美味しい。
もちろんパンにもぴったり!

目の前のコンチャ湾で写真撮りながらお散歩。



お決まり。やるよね。

さてホテルに戻ってきて、最後にお土産を買ったり、自転車借りて遊びに行くか悩んだり。

このお花は、帰りに出店みたいなお花屋さんで買ってきたもの。
ずーーーーっとお花屋さんを探してたんだけどなくて、やっと出会えたのがサンデーマーケットみたいなお店。
で、行きに見つけてたけど、帰りに買おうと思ってランチ帰りに寄ったら営業がお昼寝までで、もう車に片付けているところだった
ちょっと待ったー!って言って、残りのお花をゲット。
日本で買えないお花が良かったけど、もうほとんど積み込まれてて、一番前にあったガーベラに。

↑上の写真の撮り方は×だね。ちゃんとこう撮れば多く見える!


とりあえずみなさん、バル街にはお花やさんはありません!
スペイン人、ご飯食べながらプレゼントしそうなのになあ💐

0 Comments >

6 Like

Scroll
to Top