ラマダン中のリアルドバイとドバイ水族館どうなの?という話


さて、ドバイのお昼に初のお出かけ、なんですが、ラマダンなんですよね〜。

というわけで、がらりーーーーーん!
ニュードバイというエリアにある、ジュメイラ ビーチ レジデンス(JBR)。
いつもなら観光客がいっぱいなはず…

世界で初めての、ビーチとモールの複合施設「The Beach」もビーチクラブも…
やってない!!
曇っているけれどとても暑くて、この辺りのお店がやっていないと、水分などいろいろヤバい。
ヴィクトリアズ シークレットだけが開いていたので、入って涼む〜助かる!もちろん涼みながらお買い上げも。
で、さっと回ってタクシーで移動することに!

ちなみにこの観覧車「エイン ドバイ(アイン ドバイ、とも。英語名はドバイ アイ、とうこれまたどう書いたらいいか大変なやつ)」はこの時まだまだ建設中。
2019年中のオープン予定が2020年にずれ込んでいるようで、ドバイ万博までにはできるんだとか。
人工島であるブルーウォーターズアイランドにあるもので、世界最大になるらしい。写真だとちっちゃくみえるけど!

タクシーで移動した先は、ドバイモール。
とりあえずドバイモール行けばなんとかなるかな?と思った(食べ物とか、飲み物とか)けど、
フードコートもパーテーションで中が見えないように隠されてた!
書いてあるのはこんな感じ↓
ムスリムじゃない人用にやってはいるけど、この目隠しの中でしか食べられません。
でも中はとーっても広いし、全てのお店がやってるよ。
ムスリムの店員さんにはなんだか申し訳ないけど…ファラフェルサンドみたいなものと、サラダを!

そして食べた後は、ドバイ水族館(ドバイアクアリウム)へ!
ドバイモールの中にあるのです。入場料4000円くらいして高い〜!びっくりした。



水族館の規模はそんなに大きくない。プラスのチケットでいろいろ餌やりとかなんかアトラクションあるんだけど。


でもこの水槽は、世界で1番大きい水槽としてギネスに登録されている。
↑これはショッピングモールの上からわかりやすくとったものだけど、この、水槽前の白い通路(誰も人がいないところ)が、水族館に入った人だけが通れるところ。
少し人が離れて見ているのは、この人たちはみんな入場料払ってない人たちだから。
ショッピングモールのお客さんも、こんな感じで見ることができるんですな。

で、わたしはあの白い通路を通れるわけだけど、実際に通ると…
大きさわからんよね!

最後のトンねんの方がステキ!



うむ、行がなくてもよかった、というほどガッカリではないけど、ドバイらしさ?はよくわからないし(なぜかドバイでは水族館有名だけどね、チェンバーの方も)、
コスパ的にどうかな〜…、って感じでした。
日本の水族館、優秀だもんね!!




0 Comments >

3 Like

ブルジュアルアラブ の有名なあのプールを独り占め


ブルジュアルアラブの朝食はビュッフェ。巨大なブュッフェで、世界の料理が国別にたっぷり並んでる。

周りは本当に中国人が多くて、ちなみに日本人だと思った人もみんな中国人で、
なのに、
このベトナム料理のエリアにいたシェフが、
「あれ!日本の方ですか?」
って話しかけてくれた。まさかの日本人だった!
本当に日本人のお客さまは少ないんです、ってゆってた。

目玉焼き頼んだら2つきた。2目玉にするならわかるけど、2つばらばらで2つ。

そして朝食後は、ホテルのトリートメントへ。
タリーススパ

お着替えルームの鏡が可愛い。


足湯から


カップルルーム❤ガラス張りで外もよく見える。少し曇りで残念だったけれど。
タリーススパは、セレブのお客様も多いから、技術も最高という話もあるけれど、特に語るほど特別な施術を受けたわけではなかったかな。



終わったあとはデーツとお茶。デーツは美味しいけれどね、こんなにバクバク食べるものなの?

結構甘いし、1つをちょこちょこかじっちゃう。
そもそもチョコレートとかもパクッといけないタイプだけど…

スパがあるフロアは、イスがチェックで可愛い!
ロビーのきらびやかさとはまた全然違う雰囲気。

そしてここがー!
海外のインスタガールさんたちもめっちゃよぬポストしてる、ブルジュアルアラブ の屋内プール。
ジャグジーもあります。
監視員がいるけど、私たちと入れ替えにカップルが出て行き、他に誰もいない…。

ここ、スパ階にあるからスパ専用に見えるけどどうなんだろう?通常のインドアプールではないのかな?私はスパ終わりに教えてもらってきたからわからなかったが…


誰もいなくっていいけど、やっぱりのんびりするなら屋外がいいなあ!




0 Comments >

1 Like

ドバイ1日目のディナーとパームジュメイラ


ドバイ1日目の夜ご飯におでかけ。
ブルジュアルアラブは、ホテルから出るとずらりとスタッフが並んでおります。
お出迎えスタッフなのかな。

ディナーが21時からと遅いので、その前にタクシーに立ち寄ってもらって、このヤシの木のように埋め立てられた、パームジュメイラの1番先にあるホテル、アトランティスザパームを見学に!

パームジュメイラの道路は、両側にライトアップされたヤシの木がいっぱい。



外観

中にはロストチェンバー水族館。時間ないから入らず、ホテルを一周するのみ!

タクシーに再度乗って、同じパームジュメイラにあるホテルOne&Only The Palmへ。
そこから、今夜のレストランへはこんな車で送迎してくれます。
途中でウサギがいたよ!

ここで降りて、あとは桟橋みたいなところを歩きます。

到着!
 101 Dining Lounge and Bar


暗いから、メニューにクリップライトが付いてる。それでもよく見えん。

アペロールスプリッツ。ドバイでも、ホテルのレストランはアルコールあります。
しかし本当にドバイはお酒が高い😱


食べたものたちはこちら


パエリアを取り分けてくれた🥘↓
スペインからのドバイ。
食のレベルはがっつり落ちましたw

さて、長い1日が終わりです。

0 Comments >

1 Like

ブルジュアルアラブのゴージャスプール!

さて、ブルジュアルアラブ 続き。
プールに行きます!

プールは屋外と屋内に1つずつ。
最初は屋外プールがなくて、あとから海を埋め立てて作られたプール。
このプールが出来てから、ブルジュアルアラブ はこの「裏側」からの写真を撮れるようになったらしい。
広い。そしてほんと人少ない。

好きな場所を選ぶと、プールボーイがタオルをセットして、パラソルを開けてくれます。


まあるいベッド。

そして持ってきてくれる保冷バッグ。
中にはお水がぎっしり。
それから冷え冷えのおしぼり。
お顔用のミストも入ってた!これも冷えてる

↓こっちのバッグはお部屋についてたやつ。
持ち手がゴールドでちょっとちゃんとしてるよね。さすが。
プールだけど、下は砂。
すんごいあつい!!から裸足では歩けない!!

ベッドに寝転ぶとこんな感じ。足の先がプール(見えてないけど)

モヒート。やっぱりプールとかビーチにはモヒートがよく合う♡

ドバイ初のご飯はプールにて。
ここまでなにも食べてないからお腹すいた!
いわしにベビーコーンにツナが入ったコブサラダは、卵とドレッシングがお隣の小さなエリアに別盛り。
可愛いストライプの箱に入ったルッコラのピザも。
なかなか美味しい。(ただ、食べるには暑いw)

気遣いの小さなお水が回ってきた!と思ったら、
めっちゃ甘いやつ!!椰子のジュース!?

プールはインフィニティプール。

こちらはジャグジープール

プールの中にこんな風に二重?になってる


もっと全景で撮りたいのだけれど、プールはどうも撮りにくいよね。
私も人の写真に写ってたら嫌だしな。
と思ってなかなか広くは撮れないのですな〜




0 Comments >

2 Like

7つ星ホテル「ブルジュアルアラブ」の豪華すぎるお部屋公開!


さて案内係の人と一緒に泊まる階へ。
なんと、各階の入口にレセプションがあり、そこでバトラーがお出迎えしてくれる。

で、案内係とバトラーと4人で移動すると、ある扉をあけて、
「ここに座って!チェックイン用紙書いてね!」

すんごい広いし、階段あるし、

各階にさらにウェイティングルームみたいなところがあるのか!

と思っていたら……

私たちの部屋だった😱
え、二階建てなのか!!
珍しく、全く中身を調べないで来たから知らなかった💦
(ブルジュアルアラブ は全ての部屋が2階建てです)

これで1番狭い部屋、といっても、デラックススイート。デラックススイート以上の部屋しかない。
広い1階のリビング。

窓の向こうは海。全室オーシャンビュー。


1階のトイレ

そして室内にある階段

2階に上がると、すぐにドレッシングルーム。

クリーニング用の袋こんなにある

クローゼットもトランク起きも左右に。

ふっかふかスリッパとビーチサンダル


こちら2階のバスルーム。ゴージャス!

シャワールームの中はタイルアート

アメニティがエルメス!

シャンプーもトリートメントもボディクリームも香水も製品版!
これだけで3万円くらいはするよね。

しかも男性版もエルメス現品ついてる。
香水だけじゃなくて、シャンプーとかも違う香りのがついてたよ。すごす。

寝室。

ベッド。金ピカ!

ベッドに寝転ぶと目の前は海!この日は天気悪いけど。

全身鏡もいろんなところにある。



バトラーがいろいろお世話してくれます。

冷たいおしぼりくれてり、ちょっと斜めになった青りんごジュースを入れてくれたり。

パッケージがブルジュアルアラブのかたちをしたクッキー。

ワインついてた。

こちらは有料のドリンクとお菓子たち


そして、最後にバトラーがテレビを付けて、映像を流していってくれました。
これが、日本語のお部屋やホテル内の説明ビデオ!!
ホテルで全てのサービスを受けるために、すごくよい!!
あそこの仕組みはこうなってるよ、あそこに行けばこんなことをしてくれるよ、あの引き出しにはこれがあるよ、
とか。好きな時に見れるし、これはどのホテルでもやってほしいー!
(ってか日本人は一度もホテルで合わなかったのに日本語あってすごい。
ホテル内ではとりあえず「ニーハオ」と言われて、キョトンとすると英語に切り替わる。)


0 Comments >

3 Like

ドバイの7つ星ホテル「ブルジュアルアラブ」に到着


ドバイエアポート!深夜0時半。

ファーストタグが付いていると、歩いているだけでヘルプの人が来てくれる。

ドバイはイスラムなのでほとんどの人たちがお酒を飲まないけれど、観光客が飲むことは可能(提供もあり)
でもアルコールが買えるところはほとんどないので、お部屋で飲むならここで買っていくのがよいらしい(と人のブログで読んできたので私も伝授)

写真の撮り方失敗してるけど、これめーちゃデカイやつ!
キャビア冷蔵庫だ。すごい!

深夜について、朝まで空港の椅子で仮眠しながら待とうと思ってたんだけど、
飛行機乗ってる途中に、ダンナさんに「それじゃ疲れちゃうんじゃない?」って言われて、
プライベートだしいけるかなー、と思ってたけど、せっかくの旅行だし、スペインの旅疲れもあるし、
しっかり楽しむためには宿が必要か、やっぱり、、

ということで、飛行機でネット繋いで急遽予約。
なんとも便利な世の中だ!!
空港のタクシー乗り場で🚕に乗って向かいます。

ハイアットリージェンシードバイ
1泊79ドル。安い❤
空港からそこそこ近くて1万円以下で泊まれるところを探してたけど、こんなに安くてハイアットに泊まれるんだね。びっくりした。
1泊の仮眠程度なのにもったいないくらい広い。
チェックインのとき、1泊!?って驚かれたから、みんな仮眠のためには来ないんだろう、、


そして午前中に移動〜!
タクシーをお願いしたら行き先を聞かれ、レクサスタクシーにされてしまった。
荷物も多いし長旅だし、最初にこのドアマンが運転手と金額確定してくれたから、高いのか安いのかよくわからんけど、日本的に考えたら爆安だからまあいいや。
(レクサスタクシーはメーターがない)

おかげで(普通よりだいぶ高いはずだけど)快適である。

30分以上走って着いたのは〜
Burj al-Arab
(ブルジュ アル アラブ)
(バージュ アル アラブ)
どっちの読みがながいいかいつも悩む。。
そう!ドバイ1有名な、7つ星ホテル!!
といっても、ホテルの評価は基本は5つ星までしかないので、7つ星というのは自称。

敷地内に入るところでチェックがあります。ここは、宿泊者かレストラン利用者しか入れないので。
私たちは、チェックインだよー(とタクシーの運転手さん経由で伝えると、名前を聞かれて、ちゃんとリストチェックしてました)

入口はまあ何というか、さしてそこまでなんというほどでもない。
入口横には、ドバイ首長の写真。
一番右が現首長、そのほかは…歴代なのか今のファミリーなのかわからず…。

ロビーから伸びる長いエスカレーター
左側には水槽と魚たち。

左右のエスカレーターの間には噴水オブジェ。

絨毯はド派手。

ロビーから、吹き抜けの上を見上げるとこんな感じ。

何かと、派手でいらっしゃる。


とりあえずロビーでお待ちんぐ。まだお昼前

0 Comments >

2 Like

エミレーツA380ファーストクラスにてドバイへ!


バルセロナの空港からドバイへ向かいます!
今回もエミレーツ A380 ファーストクラス。
この旅3回目の搭乗です。

▼1回目の搭乗(成田→ドバイ)

▼2回目の搭乗(ドバイ→バルセロナ)

エミレーツのカウンターの兄やん、
ガッツポーズしてきた


バルセロナ エルプラット空港。
エミレーツもプライオリティパスもラウンジ一緒。
特筆すべきこともないラウンジなので、のぞいて終了。時間もほとんどなかった💦

そして搭乗へ!

何度も言うけど乗り特シートは2Aか3A。

お菓子はほぼどの便も変わらず

飲み物と化粧品は、ドバイ→バルセロナに来た時と同じ種類。日本便とは違う。


アラビックコーヒーを提供いただくのも慣れてきた👧🏼

離陸前のシャンパンはドンペリ2009🍾


シワにならないテロテロパーンツ。ウエストはヒモ。飛行機服として完璧なやつ❤️
(そしてこの前後輩にあげた!飛行機服に使ってくれるかな!?)

美味しいの食べてきたばっかりだけど、キャビアはいただくよね。
キャビアの内容はエミレーツは今のところどの便も共通のTHE定番。
JALファーストはサーモンタルタルが付いてたり、ジャガイモのピューレが付いてたり、
そのときごとにキャビアメニューがいろいろあるけど(定番のときもある)、
エミレーツは他の人の写真見てても、キャビアはいつもこの提供スタイルっぽいね。
サワークリーム、卵の黄身、白身、オニオン、レモン、コインパンケーキ。

そしてお腹はあまり空いていないので、メインとかパンとかはなしでデザート!
毎回言うけど、飛行機の中の甘いものは美味しい

そして、食事の後にはすぐにベッドにしてもらいます。少し時間がかかるから、頼んでおいてトイレに。

ベッドメイキングしてもらった後もシートは動かせるので、背もたれを起き上がらせて寝酒。

大好きなアペロールスプリッツがエミレーツにはある

全体写真入れるの忘れてた。
コントローラーは古いタイプのやつ。

あと、女優ミラーの中のクリーム以外に、アメニティのトラベルポーチも。
便によってポーチが違うけど全てBVLGARI。

▼男性バージョン

▼女性バージョン

中身はまるっきり一緒。

どこのエアラインもパフュームがついてるけど、個人的には他のものがいいなあ!
香水出してるブランドからの提供が多いからしょうがないんだろうが!
でも実際の話、飛行機の中でシュッシュと使われたら😱😱
そして、なんというか、、香水って捨てるの大変じゃない?だからずっとおうちに溜まっていくんだよな〜

数年前まではずっと香水使ってたけど、
リラックス系のミストとか世の中にはいっぱい出てきて、そしたら香水使う出番なくなった!
ナチュラルでいい香りのものがたくさんあるもんね。今は。






0 Comments >

5 Like

バルセロナ最後のランチでまた美味しいがこぼれる


ラストランチは、2回目の訪問!
Les Quinze Nits(ラス キン ザニッツ)

↓一度目の訪問に詳細を書いています

最後に外れるのも嫌だから、確実なところへ!
と、やってきました!
1杯目はカヴァ

そして、そろそろ私たちの好きなバルセロナ料理がわかってきたので、それを凝縮して注文!

イカのフリットに
パンコントマテと、ベジョータ。
はぁ、これだけでも幸せ。
美味しいベジョータを日本でも食べたい。

2杯目にサングリアを頼んで、これこれ!
前に食べたイカスミのパエリアと悩んだけれど、
ここのフィデウアも食べてみたくて!
これはコメじゃなくて麺で作られたパエリア。カタルーニャ料理の代表選手。

美味しかったよー!ペロリ。
美味しすぎたスペイン旅。ほんと全てが美味しい。
だってどのお店でも無料で出てくるオリーブごとき(とは失礼だけどわかりやすく書くと)にものすごい感動し、
ほんとどこのお店もその店の味で美味しくて、今まで食べてたオリーブはなんだったんだ!?
と思って、その後日本でいろいろ探してるけど全然出会えない!
世界って本当にすごいね。

さて、ホテルに戻って空港に行って、ドバイへ!


0 Comments >

5 Like

超素敵フォトスポット「カタルーニャ音楽堂」

バルセロナ最終日。
午後はドバイへの移動が待っておるので、朝イチで、来たかった場所カタルーニャ音楽堂へ!

ここは、コンサート以外には、ツアーに申し込まないと入れないので、事前にWEBサイトから予約。
15人くらいの組で、説明を聞きながら順番にまわります。
ここがホール!私が入った時は、ピアノの調音中だった!
とにかく、人がいなくなった瞬間に撮る!
朝イチのツアーおすすめ!前の組みがいないから♡

どこもかしこもステキ。


ステンドグラスもかわいいなあ。


そしてここ↓最も有名なフォトスポット!
ホールから一斉にこの廊下にみんなで行くから、実際はこんな感じ。
そして、みんなが撮り終わって次の部屋に行くのを見計らって!!
撮った!
このために着てきたSPELLのセットアップ!

ちなみに、私がまわったり動いたりしてる間に、こんなにシャッター押してくれてるよ。

瞬間で撮るのに、本当にうちのダンナさんはまっすぐ撮るのが上手。
ほぼ角度は直さないもん。

十分撮って満足!!


これは、インスタにポストするときに悩んだ1枚!せっかくだからブログに貼っておこう。

さて、ラストバルセロナランチ!!


0 Comments >

3 Like

すごい体験をしにスペインのジローナという街へ!

ブログの順番間違った!
カンロカ の記事よりこっちが先だった!



バルセロナ駅

本日は列車に乗って、ジローナという街まで。
すごい体験をしにいくのです。

9時45分発。バルセロナからジローナは40分ほど。

ヨーロッパの列車はほんと質が様々。ハズれると汚くてイヤだから、一等車を必ずとるんだけど、行きは二等車しかあいてなくて。
でもこの列車は全然二等車でよかった!
帰り一等とっちゃったのもったいない。。
二等車は1人2400円。一等車は5500円💦

車両と車両のあいだ。近代的な作りの列車だった!

そして着いた。ジローナ駅。


この街には、世界でナンバー1のレストランがあるのです。その予約の時間まで、ジローナの街を散策!

ざざざーっと、街の写真を。




石畳が多くて、スニーカーで来たかった。
ランチのためにサンダルで来ちゃった。




どの街でものるCity Tourのバスだけど、今回はあるの知らなくて乗れず!
調べがついてたらこれでまわったのにー!

そして不思議な路地発見。
上からバラが🌹降ってきてるの。
ものすごく素敵な薔薇の降る路地。
でもここはなんなのか?調べてもわからず。

他にも↓こんな風な装飾が街中にたくさんあって

ちょっと前までフラワーフェスティバルというのをやっていたみたいだから、その名残かな??

さて、ランチの予約時間。
タクシーでさっと行こうと思ったらなんと、タクシー全く流れてないし、
いろんなお店の人に聞いても、タクシー乗り場なんてないとさ。
世界一のレストランを予約しているのに!
焦って駅の方まで歩いて、やっと1台見つけたのでした。



0 Comments >

2 Like

Scroll
to Top